読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公私混同好きなことを好きなように

広く浅く適当にをモットーに浅い知識で好きなように書いていく

日曜日の夜の気分の沈み込みの事

サザエさん症候群という言葉がある。



日曜日の夕方サザエさんがあると明日からまた仕事が始まると思うと気分が沈み込んでしまうというやつ。


休日でちょっと現実から離れていたものがこれが終わるとまた明日から仕事かと思うと現実に戻された気分になる。


私の場合子供の時はサザエさんというよりかは夕方7時30分からのアニメ世界名作劇場だったな。



サザエさんの後もまだ7時からアニメを行っていたしもうちょっと楽しい時間が過ごせるといった感じだった。



世界名作劇場始まると何かテンション上がっていた感覚から落ち着いた感じになりエンディング曲が流れると楽しい日曜日も終わったという気持ちになり気分低下。



その後8時からは元気が出るテレビを見て気分持ち直すもやはり番組エンディングになると本当にこれで1日が終わると気分が沈んだ気になっていた。



次の日から小学校でまた友達に会えるという楽しみの反面楽しい日曜日が終わるという気分の沈み込み、子供ながらこんな事を思っていたなんてねぇ。



大人になってからは職業上昼も夜も休日も平日もごちゃ混ぜになったような仕事なのでたまに今日は一体何曜日なのかと曜日の感覚がつかみにくかった。



特養で働くようになってからここ近年は堂本兄弟だったかな。



時間帯も日曜日の夜11時過ぎ。



この番組が始まると日曜が終わってしまう。



堂本兄弟が見終わって布団に入り寝てしまうと朝目覚めた時は月曜日の朝。



もうちょっと楽しい時間を過ごしていたいと思っていたものだ。



堂本兄弟が終了してその後ヨルタモリ、今はパイセンTV。



ヨルタモリ以降はあまり日曜日の夜の気分の沈み込みはなくなってしまったな。