読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公私混同好きなことを好きなように

広く浅く適当にをモットーに浅い知識で好きなように書いていく

バイキング6月22日放送 編集者イチ押し本当に効くダイエットSPでの1日7000歩夕方の速歩き

6月22日に放送されたフジテレビのバイキングで女性編集者イチ押し本当に効くダイエットSPで放送された中から1日7000歩のウォーキングについて取り上げてみました。

 

バイキングで取り上げられたウォーキングは1日7000歩夕方15分の速歩きです。

 

この速歩きは群馬のある街の高齢者を対象に15年間にわたって追跡調査をした結果得られた黄金律。

 

1日10000歩をただ漫然と歩くのではなく中強度の負荷を速歩きという形でかけて1日全体の歩数を7000歩を目標に夕方に歩こうというものです。

 

なぜ夕方に歩くのかというと人は夜寝る時には体温が下がった時に眠りに入りやすいと言う事なので夕方に歩いて体温を上げておくと夜の安眠に繋がるということでした。

 

食事についても食べた後でも食べる前でもどちらでもよいとのこと。

 

ダイエット効果だけだはなくて認知症の予防や心疾患の予防にも効果が得られているとのことでした。

 

 

 

ウォーキングのポイントです。

 

準備運動として肩甲骨をしっかりと回します。

 

肩甲骨の周辺にある褐色脂肪細胞という脂肪を燃焼させる効果がある細胞を刺激し活性化することでダイエットをスムースにする効果が得られます。

 

歩き方としては

 

1 背筋を伸ばして腕を大きく振る。

2 何とか会話できる程度の速さで歩く。

3 ひざが伸びるくらいの大股で歩く。

 

以上の3つのポイントを意識しながら歩いてみましょう。

 

 

 

 

解説のパネルというか画面に示されていたもをピックアップしてみました。

 

 

歩けない日はこんな動きでも

 

歩く 

  普通    そうじ 階段の昇降

  少し速め  風呂そうじ 掃除機をかける

 

速歩き

  ガーデニング 農作業 自転車に乗る 乳幼児の世話

 

走る

  軽く雪かき 軽く重荷の運搬   

 

 

予防できる疾患と歩数、時間の関係

 

総歩数2000歩  速歩き時間0分

予防できる病気、症状  寝たきり

 

総歩数4000歩 速歩き時間5分

予防できる病気、症状  うつ病

 

総歩数5000歩 速歩き時間7.5分

予防できる病気、症状  脳卒中脳梗塞脳出血くも膜下出血

            心疾患(狭心症 心筋梗塞

            認知症(脳血管型認知症 アルツハイマー型)

            要支援 要介護

 

総歩数7000歩 速歩き時間15分

予防できる病気、症状  骨粗しょう症

            動脈硬化

            がん(結腸がん 直腸がん 乳がん 子宮体がん)

 

総歩数7500歩 速歩き時間17.5分

予防できる病気、症状  ロコモティブシンドローム

 

総歩数8000歩 速歩き時間20分

予防できる病気、症状  高血圧 

            糖尿病

            脂質異常症

            メタボリックシンドローム

 

 

 

1日15分程度の速歩きということで短い時間に気軽に行えるので続ける事もできそうなのが良いですね。