読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公私混同好きなことを好きなように

広く浅く適当にをモットーに浅い知識で好きなように書いていく

車の運転による腰への負担

腰痛も昨日ほどではないのか少し楽になったようだ。

 

 

それでも腰に痛みというか違和感を感じるのは変わりない。

 

 

昨日は左足にわずかにジンジンとしたしびれも感じたが今日は良いみたいだ。

 

 

湿布を買って腰に貼っているが湿布を腰に上手く貼るのは技術が必要だな。

 

 

車の運転もいつものように行ってはいるが腰に負担を感じることがある。

 

 

車種によってはあまり負担を感じないと思うものもあれば運転席に座った瞬間にちょっと座り心地が悪いと感じるものがある。

 

 

シートの関係なのだろうと思っている。

 

 

座り心地が悪いなと感じた車を運転するときは変な所に力が入ってリラックスした感じで運転できずカーブを曲がったりするときも体がズレたりもする。

 

 

シートを調整して出来るだけ楽に乗れるようにするのだがなかなかうまくいかない。

 

 

当然このような車の場合は長い時間乗っていると疲れも感じやすくそれだけでなく腰への負担も大きく腰に違和感を感じる。

 

 

値段相応の乗り心地といえばそうかもしれない。

 

 

普段乗らない会社の車で慣れの問題かもしれない。

 

 

長い時間乗ってみるとシートの形状とかレバーの位置やスイッチの位置等どこか操作のしにくさを感じる。

 

 

車種にもよると思うけれど燃費が良い燃費が良いばっかりで燃費の性能は良いのかもしれないけれど燃費ばっかりでそれ以外の乗り心地といった所があまり力を入れている感じがしないのはどうなのかと思う。

 

 

燃費が悪いよりも燃費が良い方が良いけれど燃費ばっかり気にした車の作り方をするから燃費の不正なんか起こるんだよきっと。

 

 

燃費だけで車に乗っているわけではないし燃費以外の他の部分もしっかりと作りこんだ車づくりをほしいって思う。

 

 

元気な時には普段気にならないような事なのに体の調子が悪い時にはほんとにちょとした事がすごく気になってしまう。